切れ味抜群!! 4枚刃?(≧∇≦)

ロードバイク
05 /26 2015
本日は6時からチャリに乗ってきました

大江山・与謝峠 (1)

日曜日は身体が重く走れなかったので、その分を今日で取り戻し予定

そして本日は100キロ弱コースを走ることに。

取り戻すって言っておきながらたったそれだけの距離~って

言われそうですが・・・・

まずは家を出てケツ股越え~。

大江山・与謝峠 (2)

心拍数を上げないように無理せず、身体もしっかりリラックスさせて

ペダリングも気をつけてクルクル

その先もっと大変な山が待ってますから・・・

実は今日のコースは大江山

大江山・与謝峠 (4)

この間ゴロちゃんと車で通って久々に走りたくなって今日はこのコースを

走ることにしたのです。

まずは鬼退治の前に鬼さんにご挨拶。

大江山・与謝峠 (5)

そしていよい大江山の鬼退治の開始~

最近ヒルクライム時のペダリングが昨年と違ってしっくりこない。

なので心拍数を確認しながら色々試しながら上っていきます。

がむしゃらにガシガシ踏み込むより、クランクの接線上を意識し丁寧にペダリングすることに

集中し上りました。

すると意外にも楽に第1段目の坂を上がることが出来ました。

大江山・与謝峠 (6)

その後はしばらく緩い坂が続きます。

大江山・与謝峠 (7)

この先↑から第2段目の坂が始まります。

大江山・与謝峠 (8)

この後の坂も色々考えながら上がって行き頂上到着。

何とか大江山の青鬼一匹を退治できました。  

まだ赤鬼が残ってますがそれはまた今度・・・

そしてちょっと下ると絶景。

大江山・与謝峠 (9)

画像ではあまり伝わってませんがホント綺麗でした。

しかし今日は疲れた・・・・ではさようなら


















なんてことはありません

この後はそのまま宮津方面に下ります。

そしてキツイ下りが終る頃、とある立て看板。

大江山・与謝峠 (17)

そう、ここはTANTAN190キロコースの一部でもちろん190キロの中に大江山も入ってます。

そしてこの立て看板の右側に見える道、与謝峠もコースに入ってます。

本日はここ、与謝峠も上がります。

上がり始めたはいいがやっぱり大江山で脚が結構持っていかれてるからきつ~い

大江山・与謝峠 (10)

この画像の前の道がきつく、大江山の頂上で休憩を入れなかったことを後悔・・・も後の祭り。

絶対脚を着くのは嫌なのでなんとか頑張ります。

しかし途中、ガードレールの脇でガサガサ音がするのでそちらを見ると

なんと大きな雄の鹿

鹿も私もお互いビックリしましたが鹿は道路に出てくること無く草むらに

消えていきました。

あんなのぶつかったらチャリも私も・・・

そして与謝峠も何とか上がり切りました。

もうジャージのファスナー全開、ギャランドゥー状態。      残念ながら胸毛はございませ~ん

大江山・与謝峠 (11)

そしてそのまま下って野田川方面に出て行きますが長~い下り・・・ってことは・・・

そしてコンビニ到着。

大江山・与謝峠 (12)

今日は2つの山を制覇~

この後は宮津の市街地を走り帰ります

なんてホントはそうしたい所ですが今回は来た道を折り返し~

また見える山を越えていきます。

大江山・与謝峠 (13)

あ~気も脚も重い~

あ~俺は何やってんだ~ヽ(`Д´#)ノ ムキー!!

そしてさっき下ってきた坂。

大江山・与謝峠 (14)

往路の方が坂はきついがまた緩い坂がずっと続くのも嫌なもんだ。

大江山・与謝峠 (15)

先ほど下ったときに景色覚えてるから残りの距離が分かるし、後半は坂がきつくなるのも

分かってるし何度も脚を着こうか、引き返して海沿いから帰ろうかと思いつつ何とか上がりきる。

大江山・与謝峠 (16)

もう坂はご馳走さん~、でも残すは後一つ 

しかしここで休憩入れても嫌になるだけだからそのまま下ります。 

与謝峠下ってまた大江山

もう画像撮ることも忘れ上ってました。

でもずっ~とペダリング等については考えて走ってました。

そしていよいよラスト~

大江山・与謝峠 (18)

何とか青鬼に続いて赤鬼も退治~

上りきったところでまたさっきとは違った絶景。

大江山・与謝峠 (21)

自分の脚で上がらないとこの感動は得られないなぁ~

この後は順調に走りほんとにラスト、ケツ股 

大江山・与謝峠 (22)

今日もいいケツしてますねぇ~             どうですかミツカンさんこのケツ

大江山・与謝峠 (23)
     
ケツ鬼も退治完了。

今回はコンビにだけの休憩で脚はパンパン、しかしいい練習になりました。

そして今回のコース。



獲得標高1781メートル。

距離は短いですが切れ味抜群の4枚刃のようなコースでした。

これでこの間の分は取り戻したかな~(≧∇≦)









































スポンサーサイト

珍しく・・・

ロードバイク
05 /24 2015
今日は準夜勤務明けの休み。

天気予報では曇りだったのに起きると結構な晴れ    こんな所で天気運使ってるんじゃ・・・

ホントは6時に起きてチャリで走るつもりでしたが身体が重く起きれず

結局起きた時間は8時頃。

そして走ろうか走るまいか悩んで少しだけ走ろうと思い出発し、ゴロちゃんちに顔出しして

走り始めたがやっぱり身体重く,気も乗らずでケツ股経由にて帰宅。

それでも夕方はケツ股頂上までランしてきたが・・・

珍しくこんなこともあるんだな(;^ω^)

でも時々はこんなことがあってもいいかな。












ラン・チャリ・ウォーキング盛り沢山 (≧∇≦)

ラン&ロードバイク
05 /19 2015
本日は準夜勤務明け。

昨日の夜、天気予報を確認すると昼くらいから雨が止むような・・・

しかし期待せず3時ごろ就寝

8時ごろ起床すると雨は降っていない。

昼過ぎまでボーッとするのはもったいないので11時前からランニング

ケツ股峠の頂上から奥城屋まで行き帰ってくる11キロのランで久しぶりの10キロ越え。

最近ランニングを復活して大腿・ふくらはぎが軽い筋肉痛

やっぱりチャリとは違い衝撃がくるのと、使う筋肉も違うからだね。

でもとても気持ち良く走れました

走り終わる頃には青空

ランニング後シャワー浴びたものの、身体ウズウズ。

結局チャリも乗ることにしました

漆原逆コース (6)

でもどこへ・・・

神崎にでも行こうかなと、とりあえず出発

ケイデンス100~110くらいを軽いギアでクルクル

ランで疲れた脚をほぐします。

脚は思ったほど重くなく逆に軽いくらいで追い風も手伝い、気持ちよく神崎方面へ。

しかしいつもの習性でそのまま真っ直ぐ由良川・宮津方面に

まいっかということでそのまま直進

直進したはいいのだが行き先は・・・どうしよう

しばらく考え出した結論は漆原。

でも本日は逆コースから攻めることにしました。

漆原逆コース (5)

始めの坂突入~。

漆原逆コース (3)

自分のペダリングが効率いいのか分かりませんが、自分なりに

いろいろ考え試しながら上ります。

トンネル抜けて下って由良ヶ岳方面に。

漆原逆コース (2)

由良ヶ岳、赤岩山・・・チャリで上がれる所なのかどちらも気になるねぇ~。

また坂始まった。

漆原逆コース (4)

と思ったけどこの後一気に緩くなり、そしてしばらく走るとまた坂が始まりました。

この坂は一応アウターで上りきりました。

漆原逆コース (1)

この坂は宮津側からのほうがしんどいですな。

登頂後、しばし休憩しさてこの後はどうしようか。

このまま宮津側に下りて、また上がろうかと思いましたがそれは止め~

再度舞鶴側に下り走りながらこの後どうするか考え、ケツ股越えで帰ることに。

ケツ股はインナー使用しケイデンス重視で上がる。

途中、脚が焼けるように熱くなり、心拍数も上昇し苦しく力を緩めてしまいそうに

なりましたが、なんとか頂上まで頑張りました。



今回の走行距離は37キロ、獲得標高433メートル。

短いけどまずまずかな

そして夜はゴロちゃんとウォーキングを1時間ちょい。

本日はたくさん身体を動かし充実した一日でした。

それにしても私の雨男やっぱりどこかに行ったみたいですな
























体調が万全じゃない時に限って・・・(;^ω^)

ロードバイク
05 /17 2015
7日から11日までの5連休、チャリで500キロ走ることを目標にしていました。

結果は7日が丹後半島166キロ、9日が琵琶湖150キロ、10日が18キロ、11日が67キロ。

総走行距離は401キロで、目標としていた500キロには到達できずでした

10日、11日は目標達成のためロングを入れようかとも考えましたが、距離よりも

強度を上げたかったので距離は短かくなってしまい、目標は達成できませんでしたが

充実した休みでした。

しかしいくら連休が充実してたとしても仕事に行く時はさすがにブルー。

けれども仕事しないと生活できなくなるので3日間我慢して勤務すれば単発の休みが

待っていると言い聞かせ、それを目標に仕事を頑張りました。

そして3日間を何とか乗り越え、金曜日の休みを迎えました。

この日は朝から晴天なのでもちろんチャリ

上林逆コース (1)

しかし朝起きてから身体が重いのなんのって。

なのでゆっくり目で距離を走ろうと福井方面目指しスタートしました

上林逆コース (27)

海上自衛隊前通過し板ガラスから右折し、カントリークラブ方面へ。

すると立て看板が・・・

上林逆コース (26)

前からすごく気になってたんだよな。

たしか激坂があるって・・・

いやいや今日はゆっくり距離を走るんですよ~

上林逆コース (25)

って結局上ってましい、そして後悔

あとで調べたら平均斜度15パーセントの上りでした。

しかしなんでよりによっていつも体調が悪い時に上がるんだろう。

上林逆コース (24)

何とか脚は着かず登頂したが最高心拍数190回、ほんとに気分が悪い。

この時、このまますぐに帰ろうか、もう少し走ろうかと珍しく心の中で葛藤が起こりました。

この先どこに出るのか行ってみてそれからでもと思いとりあえず

松尾寺に出るのは書いてあったが・・・

上林逆コース (22)

ほんとに松尾寺の脇に・・・

上林逆コース (20)

以前ゴロちゃんと来た時に細い道が画像の左側にあったがどこと通じてるのかと

思ってたけどあそこに出るのね。

さてここからどうするか

やっぱりもう少し走ろうとそのまま舞鶴側下らず、福井県側に下ります。

走ってるうちに身体は少し軽くはなったが無理はしないことにし

上林方面、この間の逆コースを行くことにしました。

しかしかなりお腹が空いたのでスーパーで水分・エネルギー補給。

上林逆コース (18)

きのこの森方面目指し再出発

上林逆コース (17)

この道、車の交通量は少ないけどトラックが結構走るんですよね。

この日もトラック多く、それも飛ばすから怖い。

ここ走る方気をつけましょうね。

上林逆コース (14)

横風が強く、チャリがふらつき走りにくい時もあるがあと少しで峠に突入。

上林逆コース (13)

ありがとう でも今からがホントのごくろうさんなんですよ~

そしていよいよ峠に突入

フロントはアウターで上ります。

上林逆コース (11)

先ほどの15パーセントの坂に比べたら大したことない

以外にスイスイ、クルクルで思ったより楽に上がれました。

上林逆コース (10)

そして頂上から少し走り県境に到着し休憩。

その後は下りですがしっかり回します

そのまま下って帰ろうかと思いましたがまた気になる道・・・

ってことでそちらへ

上林逆コース (8)

そちらへって・・・そう菅坂峠へ。

上林逆コース (7)

ですが菅坂峠、綾部から舞鶴へ抜けるより舞鶴から綾部へ抜ける方がきつい。

思ったよりしんどくなかったな。

上林逆コース (5)

菅坂越えた後は東舞鶴には抜けず、池内から中筋を抜け家へ帰りました。

上林逆コース (3)

上林逆コース (2)

上林逆コース (4)

距離は87,7キロ、獲得標高904メートル。

しかし始めの坂がしんどかった

けど太平洋側のご夫妻が頑張るから私も頑張らないとね~




ドキドキ・ワクワクのビワイチ  その3

ロードバイク
05 /14 2015
トンネルを抜けるといい景色。

しかし空はどんより・・・

琵琶湖一周 (14)

私の雨男伝説は終了したはず

これは太平洋側のK・○さんの呪い・祈りが今頃になって発揮されたに違いな~い

周りから私が最強雨男のように言われてホント困ったもんです。

しばらく走りコンビニで軽い休憩。

琵琶湖一周 (15)

久しぶりに走るまろちゃん、一応まだまだ余裕。

ってここでえらいと言われても困ってしまいますが。

琵琶湖一周 (16)

ここから少し走ると琵琶湖沿いへ出ます。

琵琶湖一周 (17)

当たり前ですがまめさんは余裕のよっちゃん      これ知ってる人ってかなりお歳

琵琶湖一周 (19)

それにしてもホント平坦な道が続きます。

舞鶴ではこんなとこないよな~。

琵琶湖一周 (20)

まろちゃんと2人でこんな所があるんやなぁと感心しておりました。

しかし順調に進むのはいいが時折冷たいものがポツリポツリ。

その度にみなが私を雨男扱い。

違うのだよ、これは晴れ男のP君の力が弱いのとK・○さんの呪いなのですよ。

そして表には有料駐車場があるが何の施設か分からんところで休憩。

琵琶湖一周 (22)

全員のチャリ並べて記念撮影

真ん中に止めたつもりは無いが図々しい・・・ごめんなさい

琵琶湖一周 (23)

ここでP君のレーパンに小さい毛虫。

琵琶湖一周 (25)

こんな所でP君おいしい笑い

どこからお供してたのか・・・

しかしつぶれなくて良かった。

その後しばらく走るとビーチの看板が。

あれっ・・・私のプライベートビーチがこんな所に

マッキーノサニービーチ・・・

琵琶湖一周 (26)

ほんとに自分のビーチ、別荘が有ったら最高なのにな。

琵琶湖一周 (28)

それにしてもホントに道は平坦で気持ち的にはウズウズ・・・

そしてついには気持ちを抑えきれず

1キロくらいスピード上げ、まめさんと2人で道の駅「しんあさひ風車村」到着。

しばらく待ってみんな到着し休憩。

GW中はチャリだらけでスタンドに掛けられなかったらしいですが今回は私たちだけ。

琵琶湖一周 (31)

それに時間が早いから店も開いてないし。

時間的にはもう昼くらいの感覚で「腹減った~」とまろちゃんと私。

仕方ないし水分補給しボトルにも補充し出発

琵琶湖一周 (39)

国道161号線に出てしばらく走ります。

しかし車の交通量が多く、スピードも出てるので結構怖い

みんなの走行を確認しながら走ります。

コンビニ発見、小腹が空いてるのでここで栄養補給

琵琶湖一周 (40)

小腹なんて言ってますが私とまろちゃんは結構しっかり頂きました

そして琵琶湖大橋を目指して行きます。

琵琶湖一周 (42)

途中、交通量も多いのでサイクリングロードに入ろうと一旦停止。

その時ゴロちゃん、左のクリートだけはずし立ってたけど右足に体重かかり

バランス崩し立ちごけするハプニング。

私もやったことあるが、チャリを垂直に立てたままだと何かの拍子に

右足に体重かかると危ないんですよね。

だから少し左側に傾けて立ちましょうね。

そしてようやく琵琶湖大橋の道の駅、コメプラザに到着。

琵琶湖一周 (46)

そして待ちに待った昼食

琵琶湖一周 (43)

ホントはもっと食べたかったがまだ70キロくらい走らなければいけないし

眠たくなったら困るので抑えておきます。

昼食食べ終えいよいよ琵琶湖大橋越え。

琵琶湖一周 (44)

ここでみんなでゴロちゃんをだましにかかります。

琵琶湖一周 (47)

琵琶湖大橋、昔は自転車も料金を徴収されてたみたいですが今は無料。

しかしゴロちゃんには今も徴収されてると説明。

そして一番後ろの私がみんなの料金をまとめて払うのでと親指を立てて

後ろ指さし、料金所のオジサンにジェスチャーで教えるようにと説明したのです。

ゴロちゃんその説明を受けジェスチャーの練習を始めるのですが私とまろちゃんは

笑いをこらえるのに必死。

そしていよいよ料金所付近に・・・

琵琶湖一周 (50)

そして料金所を通過するときに必死にオジサン探し・・・

やっと自分が騙されてることに気づく

爆笑

画像でもわかるように、まろちゃんは笑い過ぎて下向いて腹が痛そう

ゴロちゃん、みんなを楽しませてくれてありがとうございました

この後もトレイン組んで順調に走行

そして途中休憩入れ、彦根城に到着。

琵琶湖一周 (60)

建物も統一感あり、情緒もありますね~。

和菓子屋でシュークリーム購入。

琵琶湖一周 (62)

その場で美味しく頂き、その後はチャリダ―の琵琶湖編で撮影されたところでパチリ。
茂山・・・名前忘れました

琵琶湖一周 (64)

その後は長浜城でも記念撮影パチリ。

琵琶湖一周 (67)

そして残り20キロくらいを頑張ります

それにしてもP君よく頑張ります。

ケイデンスも100越え位でクルクル

若いから私なんてあっという間に追い越されちゃうんでしょうが

私もスーパーじじぃ目指してるので負けないように頑張らなくては。

S__4513806.jpg

残り4キロ切ったあたりでまめさんに声かけ最後のスプリント

初めにトルクかけ過ぎ最後はヘロヘロ

そして残り500メートルが長くまめさんにパスされてしまう

最後の最後まめさんスピード落としたので追い抜いたが・・・

S__4513811.jpg

まめさんリュック背負ってたし、遅れてのスパートだったので勝ったなんていえません

しかしやっぱり若いしパワーあるなぁ~

まだまだ伸びしろがあるP君とまめさんがほんと羨ましいですな

それでもさっきも書いたけど、スーパーじじいを目指してるので今後も一緒に走れるように

頑張りたいと思います。

しばらくしてみんな無事にゴール

そして最後はみんなでお食事

S__4513812.jpg

みんな腹減ってたのでたくさん注文しましたが、全てたいらげてました。
因みに次の日体重量ったら1キロアップしてました

そして色々話し、楽しい時間もあっという間でした。

初めて会うP君はほんと好青年で、おじさんとも嫌がらず話をしてくれ一緒に走ってくれました。

こんなおっさんですがまた一緒に走りましょうね

でもあまり速くなり過ぎないようにしてね~

そしてまめじろうさん、まめこさん琵琶湖案内ありがとうございました

また一緒に走りましょうね

そしてP君同様あまり速くなり過ぎないでくださいね















































ドキドキ・ワクワクのビワイチ  その2

ロードバイク
05 /12 2015
前回の続き~

9日の3時20分にゴロちゃん、3時半にまろちゃんを迎えに行く予定にしていたので

2時50分に目覚ましをセットして横になっていたが全く眠れそうにない雰囲気

そして案の定、時間は刻々と過ぎ2時に。

するとゴロちゃんからメールが入り、家の横に着いたらスマホを鳴らすようにと。

もう眠れそうに無いし、ゴロちゃんちへ行っておしゃべりして

出発まで時間をつぶそうと思い着替えて出発

琵琶湖一周 (5)

しかしゴロちゃんちに到着したはいいが1時間早く来てしまったので

電話しようとすると、ゴロちゃんが荷物を持って家から出てくる。

「どうしたのまだ早いで~」って言うとゴロちゃん(゚д゚)!

なんと2時20分に私が迎えに来ると思い準備万端で待ってたらしい

事前に3時20分に迎えに行くと言ってたので目覚ましはその予定でセットしてたらしいが

途中から2時20分と勘違いしたらしい。

そこにたまたま私が2時20分くらいに行ったもんだからすぐに出てきたんですね

ほんとゴロちゃん面白い

そして3時30分にまろちゃんを迎えに行き琵琶湖に向け出発

1時間半で琵琶湖の道の駅、湖北みずどりステーションに無事到着。

しかし今回のビワイチ(北湖一周)、我々だけ走るのではないので~す

実はまめ夫妻、そしてまめ夫妻のブログに登場するP君も一緒に走るのです

今回は真のビワイチの先輩であるまめ夫妻に案内してもらいながら走ります

マッキー号からチャリ降ろし着替えて準備完了

まろちゃん、足元が光ってますぜ~

琵琶湖一周 (7)

まろちゃんその靴私にちょうだ~い

まめさん夫妻、P君も準備完了。

P君のジャージもかっこいい

琵琶湖一周 (6)

P君そのジャージ私にちょうだ~い

そして出発前にみんなでパチリ

集合写真

やっぱりまめさん、P君若~い

そして6時過ぎいよいよ出発です

もちろんまめさんに引いてもらい私は一番後ろから行きます。

琵琶湖一周 (8)

琵琶湖・・・海みたいやねぇ

琵琶湖一周 (9)

おいおいどんどん離されてますよ~。

琵琶湖一周 (10)

コースが分からないだけにゴロちゃん抑えすぎ。

そしてこの辺りで水分補給したゴロちゃん、ボトルを落としてしまう

一瞬ヒヤリとしましたが何とか無事でした。

琵琶湖一周 (11)

まめさんたちが待ってくれて何とか追いつく。

琵琶湖一周 (12)

そしてこの後しばらくして初めの坂

琵琶湖一周 (13)

まめ夫妻は坂錬してるからへっちゃら、P君は若さで大丈夫。

しかしこちらのまろちゃんは何ヶ月ぶりの走行、ゴロちゃんは妙に坂に怯えおり

少し心配でしたがそれほどきつい斜度じゃないので一安心。

そしてこれを越えたらほとんど坂が無いということなので、どれくらいの距離があるのか

分かりませんでしたが興奮した私は一気に加速

やっぱり坂は興奮しますな~

そして頂上到着しトンネルを抜けると綺麗な景色が広がってました。

琵琶湖一周 (14)

改めてやっぱり琵琶湖は広いと感じた瞬間でした

続く~



















ドキドキ・ワクワクのビワイチ  その1

ロードバイク
05 /11 2015
5連休の一日目、7日は丹後半島一周。

8日は軽く走ろうかなと思いつつも9日のビワイチに備えてまずはゴロちゃん・まろちゃんの

チャリを綺麗にして、チェーンにオイルを注しておこうと朝からゴソゴソ。

まずはゴロちゃんのチャリからスタート。

いつも私がチェックしてるからさほど汚れていない。

なので短時間で終了

そして今度はまろちゃんのチャリのお掃除&チェーンメンテ。

新型105のチェーンはブラック・・・なのかな

琵琶湖一周 (2)

なんて思ってよく見たらスプロケも真っ黒。

琵琶湖一周 (1)

なんと鏡餅ならぬあんころもち状態     分かる人しか分からないネタです

さぁどこから手をつけようか

いきなりディグリーザーぶっかけはもたいないし、まずはウエスにディグリーザーを

軽くかけてチェーンの表面の汚れを拭き取ります。

そしてスプロケも、ウエスをひも状にして一枚一枚拭き取ります。

そしてリア、フロントのディレーラーもギアチェンジして隅から隅まできれいにしていきます。

その後はチェーンクリーナーを使用しチェーン掃除の総仕上げ。

ペダルを逆回転させクルクル

もちろんクリーナー液は・・・真っ黒

最後にウエスで綺麗に拭き、チェーンクリーナーでも綺麗になってない所を

ディグリーザー吹きかけ、拭き拭きしピカピカ

そしてチェーンオイルを一コマ一コマ注し、コマをクルクル

オイルを全体に行き渡らせ、再度同じ事を行い、後はディレーラーの稼動部分にも

オイルを注し、しばらくして余分なオイルを拭き取りギアチェンジ行い稼動チェック。

もたつき、異音なくスムーズに作動してるの確認し、フレームも軽く掃除し

やっとこさ終了

そして最後に自分のチャリ

自分のは日ごろから整備してるのであっという間に完了

しかしなんとこれだけで3時間以上かかり昼前に。

なのでこの日はチャリに乗るのを止めました。

そしてチャリ3台をマッキー号に乗せ準備完了~

この後はマッキー号を軽く洗車し、夕方に軽くラン。

夜は9日のビワイチに備え身体を休めようと早くに横になりましたが

全く寝れず日付が変わってしまったのでした

























久しぶりの丹後半島一周

ロードバイク
05 /08 2015
少し前の木曜の天気予報は雨でしたが、少しずつ予報は変わり晴れの予報

そして木曜は天気予報通りの天気で八時頃出発

私の雨男の神はどこかへ行った様子

丹後半島 (1)

まずはゴロちゃんちに朝のご挨拶をしてから行こうかと寄ると・・・

丹後半島 (2)

まろちゃんが仕事前に来ておりました

ブログには久々の登場ですな・・・

しかし乗ってる姿は今年になってまだないような

真夏になる前に一緒に必ず乗りましょうね

少しお話してお二人と( ´Д`)ノ~バイバイ

ここからは一人で丹後半島目指します

いつものコースを通り丹後半島目指しますが、休憩は少なめで行く予定なので

いつもの休憩場所はスルー

丹後半島 (3)

なのでもちろんこの景色が見えるところもスルー。

そしてこの画像を撮ってしばらくして、一人のローディー様とスライド。

なんでもこのローディー様300キロを12時間で走るらしい

実は一度一緒に走ったことあるが、当たり前ですが速いんですよね。

そのローディー様を見たことで心に火が着きスピードアップ

止めときゃいいのにねぇ~

そして天橋立過ぎてTANTANのコースへ入って行きます。

丹後半島 (4)

40キロで一度目の休憩。

丹後半島 (5)

ここでソイジョイ2本と500mlのペットボトル購入。

5分くらいのみ休憩し再スタート

水分補給をこまめにしっかり取り、京丹後市の方目指して順調に進みます。

丹後半島 (6)

そしていよいよあじわいの郷の看板が・・・

丹後半島 (7)

後数百メートルで突入。

丹後半島 (8)

そしていよいよここからが本番~

丹後半島 (9)

あっそうそう、丹後あじわいの郷は道の駅になり名称も丹後王国になってます。

丹後半島 (10)

最初の坂は1キロくらいか・・・

上りきると次の坂が見える。

丹後半島 (11)

下りの斜度は7.5%だが向こうに見える坂はそこまでないな

丹後半島 (12)

計4つ上るが始めの坂が一番しんどいかな。

そして一応一段落。

丹後半島 (14)

入ってみようかと思ったけどチャリ降りないといけないのでまた今度。

この後、2つまた坂上がっていよいよ丹後半島。

丹後半島 (16)

やってきましたよ~

丹後半島 (18)

丹後半島に出て始めはきつい上り坂なく快調に

景色見ながら進みます

いいなぁいいなぁログ

丹後半島 (19)

誰か買ってちょうだい

そしててんきてんき村へ到着

丹後半島 (20)

ここで60キロくらいで残り100キロ。

いつもなら一人の時は店に入って食事はしないが今日はしっかり食べて残り100キロに備えます。

丹後半島 (21)

これから現在地の所から時計回りに進んでいきます。

丹後半島 (22)

地図の見えなくなる手前までは坂の連続

しっかり食べて、ストレッチして気合入れて再スタート

丹後半島 (23)

飛ばせる所はしっかりくるくる

丹後半島 (24)

丹後松島も快調にスルー。

いくつの坂を上がったのか・・・覚えてませんが蒲入の漁港の手前に到着。

そしてラスボスの峠へ・・・

しかしその前に休憩

丹後半島 (25)

蒲入の峠の横にトンネル作ってるが・・・

丹後半島 (26)

ローディーは完成してもトンネル禁止~

そして意を決してGO

丹後半島 (27)

漁港めし食べたい

なんて言ってる場合じゃな~い

丹後半島 (28)

前半で調子に乗って飛ばし体力と脚かなり消耗してるからつらい。

しかし脚を着くのは絶対嫌だからすかさずフロントインナーへ。

通る車も物珍しそうに見ていくが、そんなのお構いなしにジャージの

ファスナー全開

そしてなんとか登頂。

ホントに疲れたわいな

下ってしばらくすると今度はゴロちゃんのきらいな峠という名の峠。

丹後半島 (29)

見たとおり大した坂じゃないんだけどね、結構嫌になる

峠上って今度下って、また上って下って伊根の舟屋に到着。

丹後半島 (31)

マイクロバスが停まってて結構な人が絵を書いてる。

私も絵に入れといてね

ってそんな余裕なしでした

丹後半島 (32)

残り60キロ。

なんかここまで来ると帰ってきた気分で気持ちが楽。

20キロ近く走って天橋立の西側の日置。

丹後半島 (34)

GW終ったからガラガラ。

ゴロちゃんと走ったときは渋滞で走りにくかったが今回はスイスイ。

天橋立過ぎ残り30キロ弱。

対岸見るとこれまで走ってきたところが見える。

よく頑張った・・・かな

丹後半島 (35)

奈具海岸過ぎ由良海岸到着。

休まずそのまま家まで帰るつもりでしたが腰に痛みが出たので急遽ストップ。

仕事で無理したのが影響したかな

丹後半島 (36)

そしてラスト20キロ弱。

残りの力振り絞りクルクルクル

残り10キロ切ったあたりで対向車線の路側帯に見覚えのある車が

なんとゴロちゃんが見に来てくれてました

元気をもらいラストスパート

そしてなんとか無事にゴールできました

久しぶりの丹後半島一周、調子に乗って飛ばしたから疲れました。

今度はゆっくり景色見て行こっと

丹後半島 (38)

そして今回のコースの獲得標高は1352メートルでした。

そうそう、150キロ走って、走ろうと思ったけど170キロ近くチャリ乗ったので

ランはパスして夜30分のウォーキングにしてしまいました

まだまだですな

































遅いGW(≧∇≦)?!

ラン&ロードバイク
05 /06 2015
GWはみなさん色々楽しまれましたでしょうか

私は1日休みがあっただけで後はお仕事(TT)

その1日はゴロちゃんと天橋立方面、100キロを走って来ましたがブログに

アップすることが出来ずに終りました。

そしてGW最後、昨日の朝8時半から本日17時まで職場に拘束で終わり、精神的に疲れました(;^ω^)   
体力的には全く大丈夫ですが(≧∇≦)

しかし明日から5連休~(≧∇≦)

ホントは明日休みで明後日仕事、そしてその後3連休だったのですが

明後日に年休を申請し5連休にしました

この5連休で何とか500キロ以上は走りたいが・・・

早速、明日の天気はあ・や・し・い・・・ガ━━(;゚Д゚)━( ゚Д)━(  ゚)━(   )━(゚;  )━(Д゚; )━(゚Д゚;)━━ン!!!!!

とりあえず目標達成できるよう頑張ってみようと思います。

明日乗れたら150キロ、ランも10キロは行きたいな~(≧∇≦)




マッキー師匠

京都府北部の舞鶴でランニング、ロードバイクを楽しむ中年オッサン。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。