玉ちゃん捕獲(*^^*)

未分類
08 /20 2015
久しぶりにトンボ採りしてるとオニヤンマが無性に捕りたくなりました。

ランニングでケツ股峠を走ってるとオニヤンマをよく見かけるので捕りに行くことに。

まずは網の準備をし、もうひとつの道具準備。

トンボ釣りを知ってる方はわかると思いますがその仕掛けを作り持っていくことに。

そしていざケツ股へ

しかし途中のカーブミラーにキラキラと光る空飛ぶものが・・・

よく見ると玉虫

車を止め急いでカーブミラーへ向かうと姿が見えず・・・

しかしよく見ると上のほうにとまってる~

思わずすぐに確保しちゃいました。

その後すぐにケツ股に到着しオニヤンマ探し。

ランの時に見かけた場所に山を張りしばらく待ってみます。

するとやってきましたオニヤンマ

一度は通り過ぎるも、奴らは自分の縄張りあるから通り過ぎてもまた戻ってくる。

しばらくするとやっぱり戻ってきた・・・と思ったら何と手前の草に休憩のためかとまってしまった。

ホントは釣り道具で採りたかったのだが仕方がないので網で捕獲。

オニヤンマ

結局トンボ釣りで捕まえることはできませんでした。

その後カブトムシがいるかもしれないので、いそうな木を探してみると何とまた玉虫。

一日に2匹の玉虫を捕まえることがで少し興奮しました。

玉虫

飼うにしても結構難しいようなのでしばらく見てから逃がしてやりました。

久しぶりに少年の頃の心に戻ることができましたとさ。







スポンサーサイト

起きてびっくり(゚Д゚;)

ロードバイク
08 /16 2015
10日、朝7時から宮津方面から大江山越えのコースを走ってきました

結構頑張って走り、汗だくになりヘロヘロになり家まで残り100メートルくらいのところで

虫が顔に激突してきました。

左目の眉毛辺りに虫が激突してきたのですが、サングラスとの隙間に入り込んだので手で

取り除こうとしたその時・・・チクリ

何と激突してきた虫とは蜂

真っ黒に見えたので蜂とは思ってなかった。

眉毛内を刺され、痛いのは痛かったが持続するほどではなく少し痒いだけ。

そしてしばらくすると刺されたのを忘れていました。

次の朝、仕事のため起きると左目が開けにくい。

うつ伏せで寝てたのでむくんだかなと思い、洗面所で顔を洗い鏡見ると・・・

なんじゃこりゃ~(゚Д゚;)

DCIM0062.jpg

前日の寝る前までは何ともなかったのに(;´Д`)

この時は目を見開いて撮ったのでこれだけ開眼してるが、力抜けばほとんど閉眼状態。

職場に行けばどうしたのと何回も聞かれその都度説明・・・

説明するのに疲れました(;^ω^)

しかし職場でアイスノンで1時間冷やすと嘘のように腫れが引いてほとんどど普通になり、午後からは

楽に仕事ができましたが次の朝起きるとまた少し腫れてました。

皆さんも虫が当たった時はご注意を








いざ天空へ~(≧∇≦)  その2

ロードバイク
08 /15 2015
遅くなりましたが前回の続き~(;^ω^)

頂上についてみんな感激(≧∇≦)

しかしまめこさんの様子がおかしい!

どうも高山病の症状が出てるようでかなりしんどそう。

とりあえず少し休んで昼食をとることになったはいいが、今度は私が・・・

昼食

頭痛は登頂前からあったが今度は平衡感覚がおかしいようでふわついた感じ。

そしてひどい吐き気。

食い意地の張ってる私なので、食べれば治ると思って全食したけど逆にひどくなる。

それでも外に出て写真撮ったりしてたら良くなるだろうと思ったが

 昼食後1


何回も吐き気が襲い、最後はトイレで・・・

でも結局何も出ずでした(;^ω^)

しんどいのを意識しないように今度は下山。

上りはバラバラでしたが下山はみんなでゆっくり景色を撮影しながら行きます。

スタート時熊が目撃されていたのでもしかしてと思いながらキョロキョロ。

熊五郎

するとかなり遠くに熊五郎が1匹いるのを発見。

しかし岩や木の近くで見えにくい・・・と思ってたら少し離れたもう1匹。

この後しばらくはみんな熱心に熊五郎探しをしてました。

熊探し

その後は景色を見ながらゆっくり下山しました。

しかし下に降りてくると結構暑~い。

下のといっても1600メートル超えなんですが。

下山

着替えてまた5台を積み込み旅館へ。

旅館 - コピー

しかしよく見ると私の腕が真っ黒

旅館は綺麗でいい感じですが、私は結構広い部屋に一人・・・

しかし一人では寂しいのですぐにP君、Y君の部屋へお邪魔

そしてみんなでお風呂にゆっくり浸かり疲れを癒します

夕食はまめじろうさんが予約しておいてくれたお店でホルモンうどんをたらふく食べ

夜に備えて買い出しに。

そして打ち上げ~(≧∇≦)

打ち上げ

まめじろうさんが旅館のお風呂の休憩所で見つけたジェンガをみんなですることに。

ジェンガ1

すぐに崩れて何回も行うつもりでやり始めましたが・・・

男はみんな色んな角度からどれが取りやすいのか観察し、机を揺らさないように真剣に。

そんな中まめこさんは机が揺れるのも気にせず大胆に。

見てるこっちは冷や冷やもんでした(;^ω^)

1回目は罰ゲームを考えてませんでしたが2回目は罰ゲームを決めて。

2回目もみんなまた真剣で、罰ゲームが嫌というより負けるのが嫌という感じ。

一番下段は1本で立ってるのでかなり不安定で、何回も危機的状況をみんなクリア。

そんな中私の番になり、唯一抜けると思われるのを抜き最上段に乗せホッとして

席を立って歩き出すとしばらくしてガチャガチャガチャと音が・・・

ジェンガ2

罰ゲームはタケノコの里をお鼻に挿入~

2回のジェンガするのに3時間かかってしまいました。

翌朝は旅館でもらったおにぎり🍙を川岸でいただきました。

朝食

川の水は凄く冷たく気持ちいいがしばらくつけると痛いくらい。

食べてる最中には橋の上に10人以上と思われる集団のローディー様が立ち止まり

その後どこかへ走り去っていきましたが、自転車見るとまた走りたくなるって自転車の魅力ですね。

その後は半田目指して帰りますが途中寄り道。

殴り込み?

私、この時ホイールを買おうかと考えてましたが、まめ夫妻の担当者が不在。

そら自分の気に入ったホイールを買えばいいのだが、やっぱりよく分ってる人に聞いて納得して購入したい。

なので今回は我慢しました。それにしても近くにこんなお店が近くにあるのが羨ましい限りです。

遅い昼食を色々話しながらゆっくり食べた後Y君、P君を送りまめさんちへ。

まめさんち

次の日お二人ともお仕事なのに日付が変わる手前、いや変わってたかなまでお邪魔してしまいました(;^ω^)

泊まっていけばと優しいお言葉をかけてもらいましたが、次の日というかその日に用事があったので

しぶしぶ帰りました。

ホントに楽しい3日間でしたし、最高の景色を見せてくれた乗鞍・・・またいつか行きたいと思います(*^^*)

それとY君、また一緒に走りましょうね~( ´ ▽ ` )ノ












いざ天空へ~(≧∇≦)  その1

ロードバイク
08 /07 2015
7月31日金曜日の夕方から愛知県のまめ夫妻宅へ向け出発

舞鶴若狭自動車道、北陸自動車道経由で向かいましたが、始めは順調に行けてましたが

岐阜羽島で事故渋滞にはまり、一宮までの8キロ進むのに80分かかるよう。

迷ったあげく一般道に降りたが・・・こっちでも渋滞につかまり結局同じ

まめさんちに到着した時には出発から4時間半以上経過していました。

到着後はしばらくお話しして翌日のため自転車を5台積み込み。

積載


TANTANの時と違い自転車を逆さまにして前後交互に載せてみるとすごく安定しました。

自転車を乗せた後はしばらくお話して就寝・・・でしたが小学生の遠足のようにやっぱり

興奮しててなかなか眠れずでした

翌朝4時に起床し、P君、Y君を迎えに行きそのまま天空

そしてとうとう天空、乗鞍入口へ

準備


まめさんに標高を教えてもらうまで全く気にしてませんでしたがこの時点で標高1600メートル超え。

パンパン

麓で買ったソイジョイの袋がパンパンになってって実感することができました。

みんなの自転車を下ろしそれぞれ準備してると私の目の前で突然プシャー

なんとY君のタイヤがパンク

パンク修理

タイヤ自体に少し亀裂が入ってたのでそれが影響したようで、パンク修理のパッチで

応急処置しチューブ交換しました。

パンク修理完了しいざスタート

スタート前

と思ったらスタート前の記念撮影

スタート

始めはみんなでゆっくりスタートしましたが、若いP君、Y君コンビは少しずつスピードアップし先に。

まめ夫妻と私の3人はゆっくりのんびり上がっていきました。

気を付けるのはバスとタクシーそして熊だけ

そして見える景色は絶景、ほんといい環境です。

絶景1


絶景2


時々P君とY君が見えるか少し上って行きましたが全く姿見えず。

置いてけぼり

休憩できそうな夫婦松展望駐車場にも姿が見えず、まめ夫妻には一度二人を追っかけることを伝えスピードアップ。

この日は凄く身体と脚が軽く調子が良さそうなので、行けるところまでくるくる

1キロくらい走っただろうかやっと2人の姿が見える。

何とか追いつきペースを落とそうと思ったが、調子が良いのともうすぐ頂上かも~と思い

2人にも気合を入れそのままのペースで

けれどサイコンが調子悪く残りの距離が分からない状況なのでペースは上げず行けるところまで。

しかしこれが後に悪い影響がを及ぼした

軽い頭痛に襲われながらも

ペースを維持。

その後少ししんどくなった残り4キロくらいのところで、一人のローデー様から話しかけられしばらく一緒に走ることに。

話しながら走ってるとしんどいのもマシになり、いいペースで走ることができそのまま頂上へ。

頂上で水分補給し、まめ夫妻と合流するためすぐに下る

途中にP君、Y君にすれ違うも元気そうなのでそのままスルー。

そしてまめ夫妻と合流~

山頂目指して

山頂目指して3

景色を楽しみながら休憩を入れながら山頂を目指します。

まめ夫妻と休憩

その後3人で順調に進み、山頂に到着し写真を撮るため下ってきたP君、Y君と合流。

それぞれしっかり写真を撮っていざ5人で山頂目指し再出発。

そしてみんなで山頂到着~

山頂2

山頂3

山頂5

山頂は気温も16度で少し低めもとても気持ちよくみんな達成感に浸ってました。

しかしこの時、私とまめこさんには・・・














マッキー師匠

京都府北部の舞鶴でランニング、ロードバイクを楽しむ中年オッサン。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。