中毒⁈

ロードバイク
05 /21 2016
20日、9時から久しぶりのゴロちゃんと走ってきました

走り始めてからどこへ行こうか相談

昼過ぎに帰ってきたいという希望はあるもどこがいいかなぁ~。

宮津方面に行く~

なんかしっかり決まらない状況で出発したが、突然閃きが

「大江山行ってみる~

ダメもとで冗談ぽく言ってみると「行ってみようかな」と予想外の返事。

ということで気持ちが変わらないうちに進路を大江山にしました

由良川沿いに出てペースを上げようと思いましたがゴロちゃんは1ヶ月ぶりなので

飛ばさず大江山に脚を温存しておきます。

しかし毎回の事ですが、ゴロちゃんは体重が手にかかり痛くなり、今回も早い段階で訴えました。

そこで今回あるアドバイスを思いつき言ってみると一気にそれが改善

ゴロちゃんもそのそのアドバイスには感心し、以降は手が痛いという事はありませんでした

大江山の手前で柏餅を買い、上りが始まる手前でエネルギーチャージ  

ってただ食べたかっただけですが

そしてお腹を満たしていざ大江山の酒呑童子の里目指して出発

ゴロ大江山 (2)

始めは緩い上りですがゴロちゃんには早めにフロントインナー指示。

斜度がきつくなるまで力を温存していきます。

私の場合はもちろんフロントアウター、リアも数枚残して上がります。

ゴロ大江山 (3)

気温がぐんぐん上昇してかなり暑くなりましたが頑張るゴロちゃん。

ゴロ大江山 (4)

久しぶりなので弱音を吐くかと思いましたが全く吐かずに黙々と上がります。

五老ヶ岳の斜度を経験済なので意外に平気のようです。

ゴロ大江山 (6)

決して平地をグイグイいくタイプではないけど、こういう上りを地道に上がっていくのは尊敬します。

私は気持ちを抑えられずついつい前半に力を使い、後で結局苦しむのですが

ゴロちゃんのように一定のペースで上がっていくのが速いのかもしれませんね。

しかし本人はただ単に速く走れないだけだと言いますけどね

そして酒呑童子の里の到着

ゴロ大江山 (7)

暑い中頑張ったせいか、軽い頭痛と眠気に襲われたようです。

流石に疲れたようで帰りはペースは落ちましたがそれでも久しぶりの自転車で

大江山を上がれたら十分です

今度はスキー場まで行って宮津に抜けるか、逆コースで行きましょうね

それにしても私、最近大江山に行く頻度が高~い。

ブログに上げてないの入れると何回かな







スポンサーサイト

もう一つの頂上へ

ロードバイク
05 /18 2016
18日の朝9時出発

どこへ行こうか悩みながら取りあえず由良川沿いにでました。

由良川沿いから福知山方面に向かって走りながらどこへ向かおうかと考えながら

景色を見ていると新緑の山々が

綺麗だなぁ~あれが大江山・・・

って思った瞬間に行先は大江山に決定してしまいました

大抵は宮津側からなので久しぶりの大江側からのヒルクライム。

フロントアウターで行けるところまで行くことに。

大殿筋、ハムスト意識しながらシッティングでゆっくり上がっていきました。

5キロぐらい走ると酒呑童子の里、ロッジがあり少しだけ平坦になりますが

ここから先また上りに。

しかし第二の上りは結構きつく、アウターで上がってきた脚を容赦なく襲ってきます

最後までフロントアウターで行こうと思いましたがすぐにインナーへ。

それでも脚は重たくて苦しかったが何とかクリアし緩い上りに。

まるで下りのように感じ、脚が一気に軽くクルクルよく回る

時折この感じあるけどみんなも同じ経験してるんかな

しばらく走るとログハウス

週末にご夫婦がカフェをされてるんだが本日は平日でお休み。

ゴールデン (13)

今度は週末に頑張ってみようっと。

この後、再び激坂が出現

気合を入れ直し、しっかり使う筋肉意識してペダル回します。

脚が重くてダンシングしないと上がれないだろうと諦めていたが思った以上に脚が回る。

ロードを買った2年前にはヘロヘロでダンシング多用してたが、今回はダンシング使用せずに行ける

きついにはきついが結局ダンシング使用せず激坂区間を上がり切りました。

そしていよいよ前回とは違う、もう一つの頂上へ到着

何とか約10キロ上り切りました。

大江山518 (4)

頂上はひんやりしてて気持ちいい

大江山518 (1)

景色も最高~

大江山518 (2)

雲海が出る時期はホントに海のように見えるんだがまた見てみたいなぁ。

大江山518 (3)

上りを走ってる時は脚を着きたくなかったので写真は撮らなかったが下りは

景色を見ながら、泊まり写真を撮りながらゆっくり下りました。

大江山518 (5)


大江山518 (6)

この小さい滝撮るために、短いけど荒く苔が生えてる路面を下りましたが滑りそうで冷や冷やもの。

こけんでホンマ良かったぁ~


ピッカピカ✨

自動車
05 /17 2016
マッキー号が走行距離20万キロを超えた為、6ヶ月点検を兼ねてタイミングベルト交換を

してもらうためディーラーにマッキー号を持っていきました。

ディーラーに勤める親友から、20万キロとなるといろいろと不具合が出ることがあり、特に

ウォーターポンプからの水漏れの可能性があり、あればそれも交換になるとのことでした。

しかしこのポンプ交換の工賃が高~い

部品は安いがハイエースの場合、取り換えが大変らしく工賃が高くなるとのこと。

ポンプの漏れがないことを願いディーラーを後にしましたが、その日の夜に漏れていると連絡があり

結局交換となりました

しかしもう一つ、点検、部品交換以外にしてもらうことがあったのです。

ディーラーに勤めてる友人から、後5年乗るのならボディー研磨・コーティングしてはどうかと

以前軽く勧められてたのです。

しかし金額がオイル・フィルター交換、タイミングベルト・ポンプ交換の総額より高~い(^▽^;)

けれどマッキー号以外乗りたい車はないし、まだまだ乗るつもりというか必ず乗るので

散々悩みましたがボディー研磨・コーティングをしてもらうことにしました

そしてマッキー号を預けて9日後、本日やっと私のもとにマッキー号が帰ってきました

新車⁈ (2)

新車⁈ (1)

画像では分かりにくいですが表面の細かい傷も消え表面ピッカピカ

でもコーティングがしっかり硬化・安定するまでの1ヶ月間は洗車しないようにという事です。

この綺麗な状態を保ちたいので、取りあえずしばらくは雨が降らないように祈るばかりですが

最近の私は雨男・・・あんまり期待できませんね(;´∀`)

まぁそれは置いといて、5年と言わずこれからも末永くよろしくお願いしますマッキー号m(__)m

これからも一緒にドンドンいろんな所に行ってたくさん楽しもうな




暴風の中、大江山へ(^▽^;)

ラン&ロードバイク
05 /10 2016
5月3日、数日前の天気予報では雨

しかし前日の天気予報では期待を裏切って午前中は曇り。

なので午前中だけでもと走ることにしました

午前中という制限があるので、あまり遠くは行けないのでここ最近の

お決まりの大江山へ行くことにしました。

6時半過ぎに家を出て取りあえず国道へ出ます。

GWというのに車はガラガラ~確かにこっちは行くところないわな

前回と同じく漆原から宮津を目指しますが風がとんでもなくきついが追い風

上りも軽快に進んでいけます

でもこれって大江山では・・・

最悪な状況が頭を過りますが取りあえず目の前の漆原の上りを頑張りました。

下りは追い風でもちろんスピードが出ますが、調子に乗って転倒なんざしたらシャレになりませんので

控えめで

その後は横風、向かい風に遊ばれながら走り宮津の道の駅でトイレ休憩。

休憩してると大江山の方からすごい突風が

イベント準備で会場にテントやイスが出ているも、プラスチックのイスは風で吹っ飛ぶ。

これまで経験したことがないそんな強風の中、大江山へ向け出発

常に耳元で風切り音が鳴る中軽いギアで回して行きます

色々ポジションを試しながらペダルを回してるうちに「これいい感じ」っていうものがありましたが

次も同じ感覚が得られるかは・・・

そんなこんなで色々考えながら頂上目指し、何とか頂上へ。

しかし、実はいつも頂上頂上と言ってるところから、更に上りがあるのです

いつも気にはなってたけれど途中から砂利道のような気がして行かなかったのです。

でもこの日はいつも頂上と言ってるところに到着した時、一台の車が上がって行ったので

すごく気になり思わず足を踏み入れてしまったのです。

そうなると私引き下がることができない性格、なので仕方なく上がっていきました

しかし道路には杉の枝が散乱し、尚且つ暴風が吹き荒れて恐ろしい状態

何回も引き返そうかと思いましたがその都度何とか乗り切り本当の頂上を目指しました。

始めから上がるつもりにしてなかったので体力、脚力とも底をつきそうな状態でしたが

何とか10キロちょい上がり切りました。

そしてホントの頂上にはこんな建物がありました。

ゴールデン (2)

なんか電波でも出てるんかな

ゴールデン (1)

晴れてたら綺麗でしょうね

ゴールデン (4)

画像では分からないですが、この時も恐ろしい暴風が吹いていて自転車ごと持っていかれそうでした

撮影後はそそくさと下って行き、これまでの頂上に到着した時は二度とこんな風の中では

ここへは来ないことを誓いました。

帰宅後は風で体温を奪われ、暴風でいらない力を入れてた為か、距離の割には結構疲れてしまいました。

しかし昼からは雨と思い距離を短めにしてたのに降る気配がなし。

なので夕方はケツ股までラン

自転車でいい感じに筋肉が解れたので気持ちよく走ることができ、自転車・ランともに

楽しむことができ充実した一日を過ごすことができました

また今度風がないときに本当の頂上をもう一度上がってみたいと思います

これからもよろしく(≧∇≦)

自動車
05 /05 2016
マッキー号、間もなく20万キロ。

祝20万キロ (3)

おぉ~あと1km

祝20万キロ (1)

なりました20万㎞

祝20万キロ (2)

これまで大きな故障なくエンジンは絶好調

今はタイミングベルトのランプが点灯しており近々交換予定。

これまでありがとう、そしてこれからもよろしく頼みま~すマッキー号


マッキー師匠

京都府北部の舞鶴でランニング、ロードバイクを楽しむ中年オッサン。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。