琵琶湖ポタリング⁈ その2

ロードバイク
04 /11 2017
プチ激坂後、しばらく走るとまた琵琶湖沿いに出て別荘やキャンプ場を見ながら
しばらく進むと船着き場&売店、ここでいったん休憩。

P_20170401_105305_vHDR_On.jpg

ここでだいたい11時ぐらいだったと思うが、ここからビワイチとなるとかなり厳しい。
天気も私のせい⁈であんまり良くないし気温も低め。
しかし今は目先の甘いもの食べてほっこり。

P_20170401_105642_vHDR_On.jpg

取りあえず風車のとこまで行ってそこで考えようということになりました。
しばらくは細い湖周道路を進み風車を目指します。
あと6キロくらいになり『あと少しだなぁ・・・またバトル開始になるかなぁ』
何て考えてたら、残り4キロくらいになってP君が私に位置取りのことを口に・・・
そうなるとみんなに伝わり皆さん戦闘態勢。

それを私は一番後ろでまめこさんと少し離れて様子を見てました。
みんなけん制し合ってノロノロ走行・・・これはいけるんでないかい。

みんな歩道を走ってましたが私は少しずつ加速し車道へGO。
でもちょうどそのときP君に見られたが何とか卑怯な抜け駆け成功。

途中、お馬さんがパカパカ・・・それも結構でかい!
ビックリしてるとその横からお犬様が車道を横断。
どちらにもビックリでしたがトラブルなくクリア~

しかし絶対後ろにまめさん、ミツカンさんあたりがいるのは察しがつく。
ゴール直近のスプリントなんかで二人には勝てないのは承知してるから
追いつかれても並ばれないであろうペースを維持。
そして何とか先頭を死守しゴ~ル・・・

P_20170401_120701_001.jpg

あれ・・・⁈
なんてことだ。
ここで昼休憩だったのに。
さてこの後どうするか・・・
結局、これ以上行くと店がないし、ビワイチも時間的に難しいため
引き返すことになりました。

しばらく引き返し近江ちゃんぽんへ。

P_20170401_124208_vHDR_On.jpg

お店では注文がらみで店員同士が言い合いし険悪ムード。
お客に聞こえるようなやり取りは止めておきましょう。
お客が帰ってからああいうのはやってちょうだい。

昼食後メタセコイヤ並木を目指して出発。
しかし、スマホに不慣れな私が先導。
案の定、案内は訳の分からん道をご案内しちゃいました。

P_20170401_144258_001.jpg

お約束のようなことをしてやっと到着。
それにしても凄い並木ですなぁ~。
思わずカメラ撮りまくってしまいました。

帰りは並木の中を走り帰路へ。
15時前ということもあり、あまりゆっくりもできないのでそれなりに急ぎつつ
写真を撮りつつ水鳥ステーションを目指します。

P_20170401_152355_001.jpg

そして水鳥ステーションが近づくにつれお決まりの状況に。
向かい風でなかなか大変な状況で、風向きが変わると思われるポイントで
一気にスパート・・・。
そしてそのポイントさしかかりいざ加速・・・あれっ。

風向きは変わらず向かい風のままで私の思惑は空振り。
結局力尽きまめさん、ミツカンさんに抜かれゴール。
残念な結果となってしまいました。
しかしよく考えたら⁈私、四捨五入で50歳のおっさんですから(^▽^;)

そして晩御飯は焼肉~(≧∇≦)
食べ放題という事でゆっくり、地味に、遠慮なくガッツリいただきました。
最後はまめさんがアイスを持ってきてくれましたが、甘いもの食べると
別腹始動⁈してしまいまだ食べられる状態でしたが何でも腹8分目。
心地よい満腹状態で食事は終了しました。

食事後はまたの再会を約束し帰路につきました。
やっぱり大勢で走るとしんどさは半減、楽しさは倍増。
またみなさん緒に走りましょうね!

















琵琶湖ポタリング⁈ その1

ロードバイク
04 /07 2017
3月31日、深夜業務明けで10時に帰宅。すぐさま自転車2台、荷物を積んで翌日の準備は完了。
その後は翌日に備えて一度仮眠をとりました。
21時に舞鶴を出発。その頃まめさん夫妻も出発したらしい。
しかしこの時舞鶴も、愛知県も天気は雨・・・雨男の私の本領発揮です。

2時間くらいで琵琶湖の道の駅水鳥ステーションに到着。
その後1時間くらいしてまめさん夫妻が到着。
昨年の8月に会って以来、約7か月ぶりの再会『お久しぶり~』
1時間くらい話をしていましたが、自転車に備えて就寝。
しかしあまりの寒さに再々覚醒し熟眠感は全くなく朝を迎えました。
今後こんな寒い中での車中泊はないと思うがもう少し快適に宿泊できるよう考えねば。

夜中には降ってた雨も何とか上がっており、外へ出るとミツカンさんも到着していました。
ミツカンさんももちろん車中泊でしたが、何と途中まで窓を開けた状態で眠ってたらしい。
あの寒さで寝られるなんてミツカンさん恐るべし。

二度寝をして寝坊したP君、Y君も7時過ぎに無事到着。
しかしあまりの寒さにみんななかなか準備する気配なし~。
立ち話している中、寝坊したP君が準備し始めたので渋々⁈準備開始。

P_20170401_084623_vHDR_On.jpg

P_20170401_084627_vHDR_On.jpg

しかし結構皆さん忘れ物やトラブル発生。
私はボトル、ミツカンさんは何とシューズ忘れ、まめさんはスローパンク。
ミツカンさんのシューズはどうしようもないが、たまたま私がSPDペダルを
持ってきてたので急遽交換、まめさんもチューブ交換で無事トラブルは解消。
P君はトラブルないがチェーンがドロドロ~。
私我慢できずに勝手にクリーナー吹きかけゴシゴシ掃除を開始。
持ってきていたウエスも足りない状態で納得いかない状態ではあるが最悪な状態は解消。

そして今回はY君に新たな自転車が・・・詳細は『まめにくるくる』を(;´∀`)

準備が整いいざスタートするが、向かい風&気温が低く先が思いやられます。
言っておきますが雨は大丈夫ですから。

走り始めてしばらくすると桜並木がありましたがまだ開花しておらず残念。
まぁこの寒さでは致し方ないか。

賤ヶ岳に入ると若いP君、Y君、ミツカンさんが一気に加速し駆け上がります。
始めは静観してましたがやっぱり上りになるとウズウズ・・・
斜度もそれほどきつくなく私好みなので途中からペダルクルクル。
やっぱり上りはしんどい~気持ちいい~!

P_20170401_093630_vHDR_On.jpg

賤ヶ岳入って途中でまめ夫妻が『ホイール交換どう~』って笑いながら言ってたが
その意味を理解せず走ってましたが頂上でネタばらし。
ホイールを見るように言われて確認するとデュラちゃんじゃなくシロッコちゃんじゃないか。
シロッコちゃんは格安で手に入れたみたいだが、デュラちゃん軽いから上りはいいけど
平地ではそれが仇になっちゃうこともあるし良い選択じゃないかな。

P_20170401_093643_vHDR_On.jpg

Y君も自転車が変わってどうかなと後ろから見てたけど、いい感じで走ってるし
活き活きした走りをしてるし楽しそう。

P_20170401_093646_vHDR_On.jpg

この後私は慎重に、ドキドキしながら賤ヶ岳を下りました。
やっぱり下りになると体に力が入り硬くなりましたがしばらくは仕方ないかなぁ。

下り終えてからしばらく走りコンビニ到着。
コンビニで休憩し、さてこの後どこまで走るか・・・
まめさんはビワイチを決めていたようですがみんなは迷ってる様子。
とりあえずみんなでジャンケンで決めることになりましたが、なかなか決まらず。
しかし最後は私の勝ち~!

どうするか決めたいところですが、寒さと雨男の私がいるのでここでは決められず・・・
もう少し走ってから決めることにしました。

コンビニを出てしばらくすると距離は短いが激坂出現。
またまたみんなスピード上げて駆け上がりますが、私はというと今回は後ろから見物。

今回はまめさんも参戦し、勢いよく駆け上がっていきP君、Y君、ミツカンさんを抜いていきます。
でも後ろから見てると結構重いギアで上がってるんじゃない⁈この後激坂だったような・・・
っと思ってるとまめさんの脚が止まり態勢が・・・やばい・・・

何とか落車は免れたようだがチェーンが脱落した様子。しかし転倒しなくて何よりです。
転倒するとろくなことはありませんからね。

続く~。





7カ月ぶりロードバイク

ロードバイク
03 /23 2017
早くロードバイクに乗りたいと思いながら過ごしてきましたが本日やっと乗ることができました。

まずは軽いギヤで真壁峠・・・いやケツ股峠。

P_20170323_122944_vHDR_On.jpg

これまで一人で走ってるときは峠で止まるなんてことはしなかったけど今日は特別。



フキノトウがしっかり顔を出し花も咲いてたのでパチリ。

P_20170323_131217_vHDR_On.jpg

20キロ弱走り、梅の花をパチリ。

きれいやなぁ~。


昨年8月末に事故して早7か月弱。

腕は以前と同じ⁈だけ上がるがまだ違和感も残ってるし、すぐにだるくなったり、腕立てを

したりすると軽い痛みが出るが日常生活には支障がなくなりました。

正直、乗りたいと思う気持ちと、また今回のようなことになったらどうしようという気持ちが混在し

本日は恐る恐るの乗車でした。

しかしいざ乗ってみるとメチャクチャ気持ちいい、楽しい、そして自転車に乗れたことが嬉しかった。

今までも、自転車が気持ち良くて楽しい乗り物だと思ってましたが、今回ほど強くそう感じたのは

初めてでした。

今回は短い距離でしたが、自分なりに色々感じ、考える事ができ充実した日になりました。

これからもいろんな形で、ゴロちゃんまろちゃん、自転車を通して出会った太平洋側の仲間と楽しい

自転車ライフを過ごしていきたいなぁと思います。

3か月ぶりの自転車

ラン&ロードバイク
12 /07 2016
昨日と今日はお休み。
昨日は結構な雨でランニングできず右腕リハビリ&筋トレしかできませんでした。
しかし本日は寒いながらも太陽が出ていい天気なので8時半過ぎから
ケツ股方面にランニングしてきました。


抜釘してから間もなく1ヶ月になり、それなりに走ってるつもりですが
この歳になり3か月走らなかったら筋肉の落ちと心肺機能の低下は結構なもの
平坦でもしんどいのにケツ股の坂はこたえます


最近、ケツ股で歩くことも度々ありましたが本日はピッチ走法でごまかし何とか
歩かずに上りきることができました。
その後もピッチ走法で走っているといつもより身体が軽い感じなので、少し距離を延ばし
12~13キロ程走ってきました。

その後は特にすることがなく、暇を持て余していましたが天気もいいし身体がウズウズ。
じっとしてるのはもったいない。
何かできることはと探し、その結果クロスバイクのタイヤ交換を行いました。
クロスバイクについてるタイヤは28C、これを今回付け替えて細い23Cに。


この23Cのタイヤは、まろちゃんが以前付けてたものですがイメチェンで違うタイヤに交換。
古いタイヤは大して摩耗してないし、予備で置いておいたらと言いましたがいらないということで
貰ってマッキー号に積んでいたもの。


ホントはもっと早くに交換しようと思ってましたが8月末の転倒で・・・
随分遅くなりましたが交換しました。
交換ではケチって32Cで使用してたチューブをそのまま使用してやろうしましたが
膨らみが大きく23Cのタイヤの中になかなか収まらず、タイヤレバーで強引に
こじると最終的にはパンク
結局、新品のチューブを使用することでスムーズに作業が完了しました。
耐久性からもやっぱり新品の方が良いし、ケチるとろくなことはありませんね


マッキーチャリ1号

タイヤ交換だけして、乗るのはもっとリハビリしてからと思ってましたが
跨ってみると意外にも腕に負荷がかからない。
そうなると身体がウズウズ・・・誘惑に負け少し走ることにしました。

五老

おけつ

ランニングコースを注意しながら恐る恐るゆっくりと走りましたがやっぱり自転車は気持ちいい~
距離的には大したことはありませんでしたが、五老ヶ岳やケツ股を眺めつつ自転車に乗れた喜びに
満たされました。

ロードバイクに乗るのはもう少しあと、来年になると思いますがそれまで楽しみに
しっかりリハビリして万全の身体・体調のしておこうと思います

11月11日はいい日?

ロードバイク
11 /11 2016
自転車で転倒し、肩鎖関節脱臼の手術をして早や2ヶ月。
鋼線を2本入れていたので右肩周りの動きが制限され、ストレスの溜まる日々でした。
ストレス解消のためウォーキングをしているといっても運動量はたかが知れてるし
身体をしっかり動かせないというのがこんなにつらいとは・・・
健康体というのがいかにありがたいことなのかを痛感する日々でした。


10月の最終週に手術前の最後の診察を受け、あとは11月11日の抜釘手術を待つだけとなり
やっと苦痛、ストレスから解消されると喜んでいました。


しかしこの診察後、痛みに襲われることに・・・
実はこの診察前から2本の鋼線のうち1本が少しずつ抜けてきていました。
もちろん鋼線の末端は曲げてあり尖っているわけではありませんが、これが中から
皮膚組織を圧迫するので痛みが出てきたのです。


初めはピリッくらいだったのが日が経つにつれ中からナイフで切られてるような痛みに。
しかもこの痛みは突然襲ってくる。
そして最終的には服が触れただけで痛みがくるようになりいよいよ我慢の限界に。


それが11月3日の祭日だったので4日に急きょ受診することにしました。
しかし4日受診に行くと主治医は外来診察じゃない。
3日に電話で受付に外来医師を確認したら、4日は主治医の診察があるというので年休取って
来たのになんてことだ。


かなりイラっときたが、受付の方が外来に行って話をしにいってくれたので我慢して待つことに。
しばらくして受付の方が戻ってきて、主治医が9時から手術に入るが、手術を受ける患者の
診察が外来であるのでその前に診てもらえるとのこと。
あ~良かった。しかし3日の受付のおっさん嘘言いやがって。


そして8時半過ぎに診察、診るなり「よくあることなんですよ~ここで抜きましょうか」
ってことでその場で局所麻酔してペンチでググッと・・・
抜かれるところをしっかり見てましたが・・・まるで焼き鳥になった気分でした。
一本は皮膚を押し上げるほど抜けて来ていたのですぐに抜けましたが
もう一本は目視では確認できず予定通りの11日に抜くことになりました。


そして本日もう一本の鋼線を抜きに行ってきました。
9時前に外来で手術の説明を受け、手術の同意書を書きいざ手術室へ。
手術台に横になり局所麻酔してパッパッと・・・抜釘完了・・・


と思ってましたが鋼線の末端位置が分からず結構手間取る。
たぶんペンチみたいなのを突っ込んんで抜こうとしてるのだろうが
そのペンチの先端が骨に当たりゴリゴリ感が伝わる。
しかし何回もされてる間に軽い鈍痛。


丁度その時「痛み大丈夫?」って聞かれたのですかさず「痛いです」って答えてました。
すぐに麻酔薬追加で打たれましたがその後も悪戦苦闘。
レントゲン技師も呼ばれX線映像見ながらされてますが不安に襲われます。
まさかまた全身麻酔になるんじゃ・・・と思ってましたが何とか無事抜釘が完了しました。


手術後X線を当て、肩の動きを動画で確認しましたが肩鎖関節の動きは問題なく
靭帯が修復されてているのが確認できました。


鋼線が入ってる時の筋肉や関節のこわばり感や痛みもなく快適。
これでやっと軽い運動もできそうです。


鋼線は記念&戒めとしてもらってきました。


鋼線 (2)


今日は抜釘も無事終わり、鋼線2本足して11月11日はいい日になったかな。











マッキー師匠

京都府北部の舞鶴でランニング、ロードバイクを楽しむ中年オッサン。